登山

月山 3

チングルマ ウサギギク

赤城山(黒檜山・駒ケ岳)

8月15日(金) 曇り 【コース】黒檜山登山口━━猫岩━━黒檜山━━北側ビュースポット往復━━駒ケ岳━━駒ケ岳登山口━━駒ケ岳登山口 トータル行動時間 2時間16分 大洞駐車場は満員御礼 赤とんぼ 赤城神社 姪っ子 12:470分>黒檜山登山口 スマホで情報交換中 猫岩にて大…

尾瀬ヶ原 4

景鶴山 リュウキンカ 竜宮現象入口(伏流点) 景鶴山 ワタスゲ

尾瀬ヶ原 3

尾瀬ヶ原 2

尾瀬ヶ原 1

6月8日(日) 曇り/雨 今日は会社のバスツアーに初参加。 久しぶりの尾瀬です。

後立山縦走(その1)

9月22日(日)〜23日(月) 晴れ 30.0℃ 【1日目コース】八方第二駐車場(車中泊)・・・・〔徒歩〕・・・・白馬駅・・・・〔電車〕・・・・信濃大町駅・・・・〔バス〕・・・・扇沢駅・・・・〔徒歩〕・・・・爺ヶ岳登山口━━種池山荘━━爺ヶ岳南峰━━爺ヶ岳中峰━━冷乗越━━冷池山荘テント場 トータル行動時…

後立山縦走(その2)

後立山縦走(その3)

後立山縦走(その4)

五竜岳山頂

後立山縦走(その5)

【感想】

越後駒ケ岳(その1)

8月8日(木) 曇り 34.4℃ 【コース】枝折(しおり)峠P━━明神峠━━道行山━━小倉山━━百草ノ池━━駒ノ小屋━━越後駒ケ岳━━駒ノ小屋━━百草ノ池━━小倉山━━道行山━━明神峠━━枝折峠P トータル行動時間 5時間58分 4:47枝折(しおり)峠駐車場 駐車場には前日の夜中に到着。8割が…

越後駒ケ岳(その2)

雪渓 駒ノ小屋はすぐそこだ 7:27駒ノ小屋 小屋の管理人と挨拶を交わす。冷たく冷やされたビールがおいしそうでした。小屋はスルーして山頂を目指す。 キンコウカ ニッコウキスゲ 雪渓 イワカガミ ハクサンコザクラ ハクサンコザクラ 雪渓を横断・・・5mくらい…

霧ヶ峰(その1)

7月20日(土) 晴れ 29.0℃ 【コース】車山高原P━━信濃路自然歩道━━車山━━車山肩━━沢渡━━車山湿原━━蝶々深山━━車山乗越━━信濃路自然歩道━━車山高原P トータル行動時間 3時間38分 11:54車山高原駐車場 夜勤明けの遅い出発でした。車山高原に到着するも駐車場は満車…

霧ヶ峰(その2)

信濃路遊歩道は道幅も広く歩きやすいです。 草原に咲くニッコウキスゲ 青空もきれい トンボも沢山飛んでいます 車山山頂方面 イブキボウフウ(伊吹防風) ウスユキソウ(薄雪草) ウスユキソウは北海道から九州にかけての低山帯から亜高山帯にかけて分布し、ミ…

霧ヶ峰(その3)

振り返って車山 13:37車山肩 振り返って車山 駐車場の前にあるバイオトイレ 登山客と観光客がいっぱい チャプリン 牧場のソフトクリーム 誘惑に負けて・・・ ソフトクリーム ¥350 ニッコウキスゲの群落 ニッコウキスゲの群落 青空とニッコウキスゲ 青空とニッ…

霧ヶ峰(その4)

青空と草原 シナノキンバイ(信濃金梅) 車山 湿原を感じられない湿原 他に歩く人もいません ハクサンフウロ(白山風露) シモツケソウ 車山 意外と長い遊歩道 分岐 蝶々深山へ 蝶々深山へ タカトウダイ(高燈台) 14:43蝶々深山山頂 大笹峰方面 ゼブラ山方面 蓼…

高妻山(その1)

6月24日(月) 曇り 27.9℃ 【コース】戸隠牧場P━━弥勒新道入口━━六弥勒━━七薬師━━八観音━━九勢至━━十阿弥陀━━高妻山━━十阿弥陀━━九勢至━━八観音━━七薬師━━六弥勒━━弥勒新道入口━━戸隠牧場P トータル行動時間 5時間14分 5:35戸隠牧場駐車場 登山届けを記入している…

高妻山(その2)

六弥勒で五地蔵からのルートと合流、ここで先頭を歩いていたご夫婦が休憩中。 防虫ネットのお話をして先に進ませてもらった。 残雪 火打、妙高方面はまだ雲の中・・・今日は最後まで見ることできず、残念! 7:27七薬師 薬師如来 (やくしにょらい)薬師瑠璃光如…

高妻山(その3)

シラネアオイの咲く稜線を歩く・・・最後の登り(急斜面)が姿を現す。 シラネアオイ(白根葵) オオバミゾホウズキ(大葉溝酸漿) オオバミゾホウズキ(大葉溝酸漿) 身長より高い笹 ほとんど休憩を取ることなく歩いてきたのでこの最後の急斜面はきつかった。 気合を入…

那須岳(三本槍岳、朝日岳、茶臼岳)その2

イワカガミ(岩鏡) 茶臼岳、鬼面山、朝日岳 茶臼岳 朝日岳 茶臼岳、鬼面山、朝日岳 緩やかな尾根道 尾根道を振り返る 朝日岳 アズマシャクナゲ(東石楠花) 朝日岳、熊見曽根分岐 アズマシャクナゲ(東石楠花) 6:42赤面山分岐 大岩ピーク アズマシャクナゲ(東石…

那須岳(三本槍岳、朝日岳、茶臼岳)その4

お釜口 茶臼岳三角点 火口 那須岳神社の鳥居をくぐります 9:19茶臼岳山頂 【那須岳(茶臼岳)】プロフィール 那須岳(なすだけ)は、栃木県那須郡那須町にある茶臼岳の別称、または同県那須塩原市、那須郡那須町、福島県西白河郡西郷村にまたがる山の総称である。…

那須岳(三本槍岳、朝日岳、茶臼岳)その3

三本槍岳 清水平 清水平 小ピーク 清水平を振り返る 緩やかに登る 三本槍岳 1900P 朝日岳、茶臼岳 三本槍岳 1900P到着 大きなザックの若者達 茶臼岳へと続く稜線 熊見曽根分岐と隠居倉 茶臼岳 朝日岳とムラサキヤシオ 茶臼岳 朝日岳 8:16朝日岳山頂 対峙す…

那須岳(三本槍岳、朝日岳、茶臼岳)その1

6月9日(日) 晴れ 30.7℃ 【コース】北温泉P━━林道出合━━スキー場分岐━━赤面山分岐━━北温泉分岐━━三本槍岳━━北温泉分岐━━清水平━━熊見曽根分岐━━朝日岳━━峰の茶屋跡避難小屋━━茶臼岳お鉢めぐり━━峰の茶屋跡避難小屋━━那須岳登山口━━那須ロープーウエイP━━大丸温泉P━━北…

小野子山・中ノ岳・十二ヶ岳

5月8日(水) 晴れ 【コース】赤芝登山口━━小野子山━━中ノ岳━━十二ヶ岳━━中ノ岳━━鞍部分岐━━林道経由━━赤芝登山口 トータル行動時間 3時間37分 8:27赤芝登山口 駐車場は1台のみ先頭です。 木を伐採しているチェーンソーの音が響く。 ヒノキ林 タチツボスミレ(…

赤城山(小地蔵岳、長七郎山、地蔵岳)

3月4日(月) 晴れ 【コース】赤城山ビジターセンター━━小地蔵岳━━長七郎山━━小沼━━八丁峠━━地蔵岳━━赤城山ビジターセンター トータル行動時間 2時間37分 10:10赤城山ビジターセンター 気温0度 鳥居峠 駒ケ岳 登山道はスノーシューやわかんの跡がついていて、踏み固められている。 小…

日光男体山

1月19日(土) 曇り 8.8℃ 【コース】県営駐車場━━4合目(登山道入口)━━5合目━━6合目━━7合目━━8合目━━9合目━━男体山━━9合目〜5合目━━4合目(登山道入口)━━県営駐車場 トータル行動時間 5時間55分 7:41県営駐車場(¥310/1日) 二荒山神社に向かって歩く 適当なとこ…

筑波山

1月13日(日) 晴れ→曇り 【コース】りんりんロード筑波駅P━━筑波山神社━━〔御幸ヶ原コース〕━━御幸ヶ原━━男体山━━御幸ヶ原━━女体山━━〔白雲橋コース〕━━筑波山神社━━りんりんロード筑波駅P トータル行動時間 4時間20分 6:27りんりんロード筑波駅駐車場 駐車…

宝篋山

1月13日(日) 晴れ 【コース】小田休憩所P━━〔極楽寺コース〕━━宝篋峰城跡━━宝篋山━━〔小田城コース〕━━要害展望所━━小田休憩所P トータル行動時間 2時間17分 11:15小田休憩所駐車場 すでに満車。路肩駐車も数台でした。 オススメの極楽寺コースへ進みます。…

金峰山・瑞牆山(その1)

1月7日(月) 晴れ→曇り 【コース】瑞牆山荘P━━富士見平小屋━━大日小屋━━大日岩━━金峰山━━大日岩━━大日小屋━━富士見平小屋━━瑞牆山━━富士見平小屋━━瑞牆山荘P トータル行動時間 8時間2分 6:42瑞牆山荘駐車場 瑞牆山荘登山口・・・登山ポストあり 林道を横断して再…

金峰山・瑞牆山(その2)

夜明けと共に瑞牆山荘駐車場をスタート。富士見小屋付近からガチガチの凍結路。軽アイゼンを装着するも、まもなく前歯2本が折れるアクシデント。片足歩行となる。大日小屋→大日岩と凍結路を登りあがり、砂払いの頭。ここでは素晴らしい眺望が待っていた。感…

蓼科山(その1)

12月27日(木) 晴れ 【コース】蓼科山登山口━━蓼科山━━蓼科山登山口 トータル行動時間 3時間4分 6:32蓼科山登山口 登山ポストなし。トイレ無し。 道は踏み固まっていて歩きやすい 山頂に向かって一直線 振り返れば朝焼けがきれい。 御嶽山 中央アルプス 蓼科山山…

蓼科山(その2)

駐車場で明るくなるまでまったあと、6:32蓼科山登山口を出発。登山道は積雪路。広くて踏み固められていて歩きやすかった。朝日を浴びる山頂を目の前にして一気にテンションが上る。樹林帯の急坂を登り上げると、森林限界。山頂部は岩場だが・・・・美しい雪景色…

大菩薩嶺

12月23日(日) 曇り→風花→曇り 【コース】丸川峠分岐P━━丸川荘━━大菩薩嶺━━雷岩(主稜線合流点)━━賽の河原━━介山荘━━熊沢山━━石丸峠━━上白川峠━━丸川峠分岐P トータル行動時間 5時間50分 5:08丸川峠分岐駐車場 夜景がきれい。 真っ暗な登山道は風も無く静か…

甲武信ヶ岳

12月17日(月) 曇り→雪→湿雪→雨 山頂 -4℃ 【コース】西沢渓谷P━━西沢渓谷入口(トイレ)━━徳ちゃん新道入口━━木賊山━━甲武信小屋━━甲武信ヶ岳━━甲武信小屋━━木賊山━━徳ちゃん新道入口━━西沢渓谷入口(トイレ)━━西沢渓谷P トータル行動時間 6時間34分 6:13西沢渓谷駐車…

表妙義縦走(その1)

12月10日(月) 晴れ 6.8℃ 【コース】道の駅みょうぎP━━大の字━━辻━━白雲山━━タルワキ沢コル━━相馬岳━━堀切━━金洞山(中之岳)━━中間道━━道の駅みょうぎP トータル行動時間 5時間37分 7:31道の駅みょうぎ駐車場 妙義神社の鳥居・・・白雲山と書かれている。 白雲山…

表妙義縦走(その2)

道の駅みょうぎ駐車場からスタート。勝手知ったる道なので、余計なものには目もくれず、相馬岳まで一気に進む。一気に汗もかいて調子はいいようだ。堀切まできて、富岡の町を一望する。これから向かう鷹戻しに備え呼吸を整える・・・ 富岡の町を一望 いい田園風…

稲包山

12月2日(日) 晴れ/曇り 【コース】赤沢歩道入口━━赤沢峠━━稲包山(途中撤退)━━赤沢峠━━分岐(林道経由)━━赤沢歩道入口 トータル行動時間 4時間49分 9:41赤沢歩道入口 昨日の降雪で路面は真っ白。スタッドレスタイヤに交換しているので安心です。 落ち葉の上に…

赤城山(鍋割山、荒山)

11月27日(火) 晴れ 12.2℃ 【コース】鍋割山登山口━━鍋割山山頂━━荒山高原━━荒山山頂━━ひさし岩━━棚上十字路━━森林公園P━━国立赤城青少年交流の家━━鍋割山登山口 トータル行動時間 4時間34分 8:17鍋割山登山口 富士山 榛名山 岩場には新しいロープがつけられ…

浅間山(外輪山〜前掛山)

11月10日(土) 晴れ 17.3℃ 【コース】車坂峠P━━━━トーミの頭━━黒斑山━━蛇骨岳━━仙人岳━━Jバンド━━浅間山〔前掛山〕━━湯の平口━━トーミの頭━━━━車坂峠P トータル行動時間 3時間59分 10:02車坂峠駐車場 写真ではわかりませんが風花が舞っていました。 山母子(…

八ヶ岳(赤岳)その1

10月30日(火) 晴れ/曇り 16.4℃ 【コース】美し森P━━[真教寺尾根]━━羽衣池━━賽の河原━━牛首山━━扇山━━赤岳━━[県界尾根]━━大天狗━━小天狗━━大門沢横断(真教寺尾根へ)━━賽の河原━━羽衣池━━美し森P トータル行動時間 6時間44分 6:27美し森駐車場 駐車場からは美…

八ヶ岳(赤岳)その2

美し森駐車場からスタート。駐車場からは展望台のある美し森山を登る。大きな木道が整備されている。団体客が来ても通れるほどの立派な木道。地元の方かな?早朝にもかかわらず富士山を眺めに来たようだ。出発から朝日を浴びる綺麗な富士山を拝めて、気分は…

八ヶ岳(赤岳)その3

真教寺尾根から赤岳山頂まで順調に登りきることができた。富士を眺めながら歩いた登りは最高でした。山頂では冷たい風が吹き荒び、赤岳山頂小屋の周りは積雪が凍結していて非常に滑りやすく危険でした。下りは県界尾根から降りるのですが積雪、凍結路のため…

燧ケ岳(その1)

10月22日(月) 晴れ 20.8℃ 【コース】大清水P━━三平峠━━三平下━━長蔵小屋━━浅湖湿原・・・長英新道・・・ミノブチ岳━━俎粠(まないたぐら)━━燧ケ岳━━俎粠━━ミノブチ岳・・・ナデッ窪・・・沼尻休憩所・・・南岸・・・三平下━━三平峠━━大清水P トータル行動時間 7時間27分 7:22大…

燧ケ岳(その2)

大清水駐車場からスタート。3人の登山者を追い抜くと先行者は一人もいなくなった。登山口までの林道は紅葉が最盛期を迎えていて凄まじかった。登山口からは尾瀬沼からの下山者がちらほらと・・・紅葉が綺麗だったと言われ期待が高まる。三平峠〜三平下まで来る…

燧ケ岳(その3)

尾瀬沼より長英新道へ進む。長く緩やかな登山道が延々と続いた。途中でリスと遭遇したが残念ながらカメラに収めることはできなかった。長い樹林帯を抜けると景色が一変する。俎粠の山頂が目の前に・・・クマ笹と青空の美しいこと。一気に疲れも吹き飛んだ。さあ…

燧ケ岳(その4)

燧ケ岳尾瀬ヶ原と至仏山が一望できる。若干曇っていてイマイチだったがなんとか展望できた。春に登った景鶴山や平ヶ岳など眺めて、また感慨深いものがこみ上げる。天候が傾きだしたので一気に山頂をあとにした。帰路はナデッツ窪へ・・・ゴロゴロ岩の急斜面(悪…

常念岳・蝶ヶ岳(その1)

10月21日(日) 晴れ 25.6℃ 【コース】三股登山口P━━三股登山口━━前常念岳━━常念岳━━蝶槍━━蝶ヶ岳━━三股登山口━━三股登山口P トータル行動時間 7時間49分4:40三股登山口駐車場 真っ暗な中、出発。誰もいないのでちょっと怖かった。 4:52三股登山口 樹林帯の急…

常念岳・蝶ヶ岳(その2)

4:40三股登山口を出発。出発準備をしている人は沢山いたが、誰もスタートしない。私が一番最初らしい・・・真っ暗な登山道を一人で登るのは怖い。ましてや初めての道だ。しかししばらく登るとその不安はすっかり無くなった。朝日が差す頃にはすでに樹林地帯を抜…

常念岳・蝶ヶ岳(その3)

賑わう常念岳山頂をあとにして、蝶ヶ岳山頂を目指す。ここからは、右手に槍・穂高連峰を眺めながらの稜線歩きとなる。雄大なパノラマを前に写真撮影が忙しい・・・ 蝶ヶ岳までは森林限界と思いきや森林地帯も通過する。 常念岳を振り返る。 このときはあのとがっ…