岩櫃山

11月30日(月) 晴れ
コース郷原駅P<6:55>━━蜜岩登山口<7:19>━━岩櫃山<8:15>━━岩櫃城本丸跡<9:48>━━郷原駅P<11:26>
トータル行動時間   4時間31分(同行者 広美)

今日は、前回の表妙義縦走に引き続き、岩登りシリーズ第二段。岩櫃山です。

来年、2016年、NHK大河ドラマ真田丸」の主人公、真田幸村にゆかりのある岩櫃山(岩櫃城跡)へやって参りました。


6:55<0分>郷原駅駐車場
おはようございます。朝の郷原(ごうばら)駅です。バックに岩櫃山。天気は曇っていて、晴れるのを期待してスタートしました。


7:19<24分>蜜岩登山口


登山口からはいきなりの急斜面。すぐに体が熱くなり、ダウンを脱ぐ広美。


天狗の架け橋・・・笑顔の広美


やっぱり怖い、と戻る広美


鎖場を登る広美


登りきると、東吾妻町が眼前に広がる。晴れていたら雪化粧した浅間山も見れたのにね。


横からお邪魔します。


絶景です。田園風景が綺麗でした。


山頂へ最後の鎖場


8:15<1時間20分>岩櫃山山頂
日本人女性初登頂!!・・・なんてね?
岩櫃山(いわびつやま)は、群馬県吾妻郡東吾妻町にある標高802.6mの山である。ぐんま百名山の一つ。
吾妻八景のひとつで群馬県を代表する名勝である。毎年11月3日は「紅葉祭」というイベントが行われ、県内外から多くの観光客が訪れる。地元でとれた山菜を使った郷土料理などが振舞われ、観光客が舌鼓を打つ。標高は高くはないが岩場があり、過去に何度も滑落死が起きている。中腹には山城の名城、岩櫃城がある。また岩櫃城は甲斐の岩殿城駿河の久能城とともに武田の三大城と言われた。鎌倉時代初期の築城で吾妻氏がこれに拠った。大規模な城郭は斉藤氏によるもので、その後幾多の変還を経て、江戸時代の慶長20年(1615年)に破却されるまで、400年以上も栄えた。


今年、設置されたばかりの山名盤


山頂からの景色


隣の岩場から山頂を撮る


天狗の蹴上げ岩


蹴上げ岩を蹴る広美


9:48<2時間53分>岩櫃城本丸跡


天狗岩に登って・・・ハイポーズ!


枯葉の登山道


枯葉に隠れる?


一休みの広美


下山して岩櫃山を見上げる


畑と猫


11:26<4時間26分>郷原駅駐車場
お疲れ様でした。