読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

喫茶・お食事 嘉門

4月23日(日)

岐阜でモーニングの初体験。

早朝の7時前では開店しているお店が見つかりません。

国道を西に進んでいると黄色いライトがくるくると光っています。

入ってみよう!

喫茶・お食事 嘉門

岐阜県大垣市木呂町136-1

f:id:goniyoyo:20170424102559j:plain

看板のイメージからしてあまり期待していませんでしたが、届いたモーニングサービスをみてビックリf:id:goniyoyo:20170424102602j:plain

ブレンドコーヒー¥400を注文するとサービスでこちらの料理が出されます。バタートースト、卵焼きサンド、かき揚げ、キャベツのお浸し、茶碗蒸し、パイナップルの6品でした。

f:id:goniyoyo:20170424102604j:plain

量といい味といい、満足のモーニングでした。素晴らしい。

《日本一喫茶店がにぎわう岐阜県
名古屋の喫茶店のモーニングサービスの豪華さは有名。休日には家族そろって喫茶店で朝食をとるのが名古屋風。しかしこれは名古屋に限ったことではなく、愛知、岐阜でも同様のサービスが行われている。
350円程度の朝のコーヒーにトーストや卵、サラダが付いてくるのは当たり前。中にはミニケーキや茶碗蒸しが付いてくる店もある。特に岐阜市では喫茶店の数が多く、競争が激しいため、サービス合戦も凄い。そのせいか、世帯あたりの年間喫茶代は約16,000円と全国一。あの名古屋も上回っているのだ。
岐阜県人は昔から有名な勤倹貯蓄型人間。貯金のためなら生活を切詰めるのも平気。そんな岐阜県人もただ一つ、喫茶代には目をつぶる。岐阜の喫茶店にはなにか秘密があるのかもしれない。